ツクールフェス作品プレイ感想2

  • 2016.12.05 Monday
  • 22:03

引き続き感想の方を記述していきます。紹介作品数が少なくなって

いますがそこは勘弁!

 

右に進むよどこまでも
ツクールDSにあった作品の続編。横スクロールアクションで、
ジャンプ方向を変える床、時間停止道具を用いて通り抜ける
ギミックはもちろん、ツヨクナリ草やカクシテ草による能力強化等の
やり込み要素もありやり応え抜群です。一度止まらなければ
ならないのでジャンプがシビアに感じますがおすすめです。
 
ドラゴンマスター
ドラゴンを30日間の特訓で書く能力を鍛え、大会(通常戦闘)で3回勝ち抜き
優勝を目指すゲーム。特訓を選ぶたびにドラゴンが動き回ったり、イベント
グラフィックを用いたUIがパワポケっぽくていいなと思いました。
また大会が3回もあり、中々ボリューム溢れるのも高ポイント!
 
家庭用トイレのハナコさん
ワケアリ物件に住むトイレのハナコさんと、そこに引っ越したタロウとの
生活が描かれる。ストーリーを追うだけの内容ですが、それが良くできて
おり、各キャラクターもしっかりしていて面白かったです。おすすめ!
 
食い逃げカルビ
ツクール仲間のモンブランさんがプレイしていたゲーム。取った行動により
エンディングが変わる一発ネタ系の内容。斜め上なエンディングもあり
印象に残る作品でした。
 
ババリバと馬
ツクール仲間ざぶとん作のゲーム。暴れ馬にやられて全治1000年を
宣告されたおじさんが、様々な行動で早期退院を目指すシュミレーション。
殴りにかかる僧侶や、重体の身でリハビリがてら魔物退治する等
ざぶとん作品特有のぶっ飛んだキャラ表現はさすがの一言。
ドラゴンマスターと似た内容ですが、こちらは逆に各行動をテキストで
表現しており、先にドラマスをプレイしていたのでちょっと寂しい感じ。
体力もあるので暴れ馬と対決したかったかなとも思いました。
 
 
 
以上。ざぶとんさんの作品に対してコメントが辛辣すぎたかな・・長編も
気にはなるものの、こちらも忙しいのであまり余裕がないですが
自作品の制作のためにパ・・・参考させてもらうためにちょくちょくと
プレイさせていただきたいと思います!

ツクールフェス作品プレイ感想

  • 2016.12.02 Friday
  • 00:51

ツクールフェスプレイヤーでDLしたソフトをちょこちょこ

プレイしていました。以下、感想です。

 

・アリシア戦記

 謎解きギミックが豊富なサンプルゲーム。後半は戦闘がありますが

エンカウント率が高すぎる。ストーリーはざっくりいうと

長編RPGの最後部分をプレイした感じでした。

 

・なんちゃってアクション

 こちらも公式のサンプルゲーム。箱の上を進む横スクロール型アクションで、

ジャンプして敵や高台を飛び越える、各ステージの宝箱を集める等

2面のみながらアクションの基本的な部分ができているなと思う内容でした。

 また前作(DS+)と似たような作り方だったら1マス1マスにジャンプイベントを敷き詰めたり

して大変そうだなと製作者の苦労を感じました。

 

・リトルヒーローズ

 二人の少年少女が、ぎっくり腰で倒れたおばあさんの為に治療法を探すという内容で

単純なストーリーながらまとまった内容。後半の展開は少し予想外で驚きました。

戦闘バランスも丁度良く、プレイしていてストレスを感じさせない出来になっています。

 個人的に物語の進行具合に応じて町の人のセリフが変わっている所が好きです。

 

・オルタードアークス

 ギミックアクションの名のとおり、舞台となる塔に仕掛けられたギミックが

豊富で、探索していて楽しかったです。特に時間停止の仕掛けやラスボス戦の遠距離

攻撃が気に入りました。ストーリーですが詳しくは書けないものの、感情と願いを

主軸にした内容が印象的でした。ちょっと設定が複雑でわかりにくいところが

あるのが個人的に惜しい点。

 

・ちょっと冒険に

 現在精力的にツクールDS関連の動画を投稿されているtoteさんの制作ゲーム。

固定戦闘、一本道の短編ですがキャラが個性的で、予想だにしないパーティーを

組めるのが特徴。いきなり魔王と戦闘して仲間にするのは笑えましたw

 

・渋谷勇気の激昂

 以前お世話になった深海くらげさんの制作作品。非戦闘の短編学園物で、

主人公が楽しみにしていたツクールフェスの制作の難しさに一喜一憂する

という、製作者の気苦労があふれる作品となっています。前作、前々作の

ツクラーにおすすめ!

 学園物素材を見てDS+の制作時代が蘇り、懐かしく感じました。

 

まだまだ投稿されるし、余裕もないので沢山は出来ませんが、ツクール仲間の

作品は積極的にプレイしていきたいなと思っています。ウディタリアンな私でも

結構参考になるギミックとかある(オルタードアークス等)ので、3dsお持ちの方は

是非参考がてらプレイしてみるのもいいですよ。

 

 

 

それとウディタでの次回作ですが、現在予定のガンシューティングは

コンセプトで悩んでおり、大体の仕様はまとまっていますがこれで

面白くなるのかと不安で停滞中。最近コラボキャラも出した関係で

OUJAの続編でも作ろうかなと考え始める始末。何かしら作品は

完成させたいと考えているけどなぁ・・・。

OUJAver1.81更新(ライバル得点記録の追加等)&裏話

  • 2016.10.11 Tuesday
  • 12:16

DLurl(フリーゲーム夢現)https://freegame-mugen.jp/puzzle/game_5290.html

 

更新内容は以下の通りです。

 

演出強化
・ゲームオーバー時にも、総スコアが表示されるようになった。

 

・スコア表示に、ライバルの獲得点数も表示されるようになった。

 

 

バグ修正
・グランド・トラインのミニマップに、ラップレースの説明係が
 配置されていた。

 

 

 

 

ゲームオーバー時にもスコア表示がされるので、クリアまでの

 

 

点差を参考にできるようになりました。

 

 

 

 

 

それとよつばさんが、本作をレビューしてくれました!

 

 

「RPGツクールゲームで遊ぼう〜フリゲのプレイ記録&感想〜」

 

よつばさんは他にもフリゲの感想を書かれていますので

 

フリゲ探し参考にしてみて下さい!

 

 

さて更新内容だけだとちょっと寂しいと思ったのでちょっとした裏話を。

 

 

実は本作以前のプロトタイプがあり、その内容も異なります。
プロトタイプはエリアに散らばった羊達(白い点が羊配置地点)を
時間内にゴール地点まで導く内容で根本的な部分は同じですが、
今のと比べるとよりパズル要素の強い内容でした。

 

 ストーリーもついており、その内容が「狼が原因で逃げ出した

 

羊達を老犬と若者犬が牧場へ戻していくが、最後に老犬が
狼に殺されてしまい、若者犬に世代交代する」というものです。
ストーリーの衝撃さでインパクトを出そうとしたのですが
ゲーム制作時のコンセプト「追いかける楽しさ」がシステム的に
出来ていないと思い、急遽ゲーム内容を一から制作しなおしました。

 

 2週間程の期間中にやり直しなので時間がなく、牧場を盛り上げるために

 

牧羊犬とその主が活躍するというストーリーの方は結局入れられませんでした。
一応プレイ中の中だるみ防止の為に実況やら画面効果やらを入れたので
味気なさは多少改善できた・・・と思います。

 

完成版の際、大会形式になったのは、TV番組「SASUKE」を意識した

 

バラエティ豊かなステージ内容にしたかったからです(特に3ステージ目の
グランド・トラインがかなり影響を受けている)。そうすればただ追いかける
だけの牧羊犬ゲームに緊張感を与えられるし、視覚的変化も取り入れられる。
結果本作のような内容になりました。
 あまりないゲーム性のせいか、慣れるまで難しいとの声があり、
続編を作る際はそれも改善していきたいと思います。

 

ウディコンに向けて新作を作るので、OUJAの更新はよほどのことがない限り

 

控えるつもりなのでご了承ください。それでは!

OUJAver1.80更新!

  • 2016.10.06 Thursday
  • 23:58

1.80による更新内容は以下の通りです。

 

演出強化
・タイトル画面の変更
・スクショ挿入による結果発表の演出追加
・牧羊犬及びプレイヤー名の変更可
バグ修正
・メッセージの誤字
・チップイーターにてゲーム終了のホイッスルが鳴らない
・ED及び最終スコアのデザイン変更
今回の更新のメインはズバリ名前変更とピクチャ追加!
各ステージ前のミニマップにいる、ルール解説カタリナに頼むことで
プレイヤーと牧羊犬の名前を変更することができます!
変更した名前は、試合時の実況だけでなく最後のスコアにも
載るため、以前よりもゲームに感情移入しやすくなったと思います。
 そしてピクチャ追加。後述したタイトル画面変更やスクショ追加
等もあり、結構時間がかかってしまいました。
タイトルは以前コメントしてくれた方を参考に、羊を追う
牧羊犬を押し出した構図に変更。
スクショ演出については、全国で生放送されているという
設定を意識して、テレビ・街頭ビジョン・ネット中継で
見ている様子を演出しました。

そしてその1.80verを下記サイトに公開しました。

 

ふりーむ(http://www.freem.ne.jp/win/game/13050)

 

フリーゲーム夢現(https://freegame-mugen.jp/puzzle/game_5290.html)

 

以前より投稿サイト数が減っているのは、各サイトごとに作品説明配分が異なり、

手間を省くために勝手ながら配布サイトの上記2サイトに縮小をすることに

しました。それに伴い以前の記事にあった神風侍投稿ページリンクの方も消去

しました(ベクターは諸事情によりそのまま)。

 

 

さて、更新作業に一区切りつきましたが、前回の更新から約1か月以上・・・

 

遅 す ぎ る ! !

 

仕事や初のデジ絵作業があったとはいえ、各々の作業量はその気になれば

正直10~20日程でできると思う。オンライン機能で悩んでいたならいいものの、

息抜きにニコ動やら映画レンタルしたりで余計に遅くなってしまいました。

待たせてしまって本当に申し訳ありません。

 

次回作はキャライラストやらガンシューティングやらでかなりの力作になるから

ここで己を律せなかればウディコンに絶対間に合わない!!次回作イメージは

大まかに形にはなっているものの、まだ細かい点が決まっていないので

企画書やら仕様書みたいなものを書いてイメージを固めていくつもりです!

 

ちなみに次回作ではシステムに集中するためキャラデザをほかの方に依頼

してみるつもりです。出来ればキャラチップも頼みたいと考えていますが、

引き受けてくれる方がいるかどうか心配・・・。

第8回ウディコン閉幕

  • 2016.09.01 Thursday
  • 00:20

今更ながら第8回ウディコンが終わりました。今回のウディコンは

色々と予想外な結果に驚きました。

第1位、収穫機道ろぼふぁーむ

第2位、箱庭フロンティア

第3位、電子ゲームブック自由落下

 

ベスト3だけですが、上位2作品は大体上位だと予想していたのですが

第3位は読み物ジャンルということで完全ノーマーク。本当に予想外

でした・・・。

 今回のウディコンに参加してみて思った事は、ビジュアルは大事だと

言うことです。投票コメントでもビジュアルが地味という意見が

ありましたが一番痛感したのが投稿作品のサムネ画像です。自作品の

前には、ウディコンベスト6の”ディフェンスセイバー”が並んでおり、

かわいい女の子を前面に押し出した自作感ばりばりのグラフィックが

映るサムネ画像、方やデフォ素材を使った自作品は、タイトル画面に

ただ走っているだけ感な画像3枚。開催期間中の実況動画を見て

我ながら貧弱に感じてしまいました。

 上位陣すべてとは限りませんが、それでも自作グラの使われた

サムネ画像ばかりなので、自作品が絵的に地味な印象は拭えません。

ゲーム内容が牧羊犬と、取り扱っているものもあまり見ない物ですが

やはり地味な感じ。

 

 プレイしてくれた人からは、羊を追いかけてゴールを目指すという

ゲーム性が斬新で面白いと好評なコメントがあったのですが、やはり

最終日投稿に加えてデフォサムネを筆頭とした作品のビジュアル的地味さで

プレイヤーを引き込むことができなかったのだと個人的に思います。次回作は

ビジュアル面の改善の為に、絵師に頼んでみるか自作で作るかなりしてみたいと

思います。個人的には絵師に頼んで自分はゲームシステム周りに集中したい…。

ビジュアルビジュアルばかり書いていますが、もちろんゲーム回りも整える

つもりです。OUJAは投稿受付期間中に制作を始めたせいで色々と練り込み

不足が目立ちました(制作2週間ほど。なので好評コメントを頂けるのが

本当にうれしい!)が、次回開催までそこら辺を練り込みたいと思っています。

 一応次回作の案は思い浮かんでいます。内容は中世を舞台にした

ガンシューティングというイメージ。どれだけ理想通りに作れるか

分かりませんが期待して待っていてください!

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

 アクセス解析中・・・    (非表示)

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM