創世のクレイドル、配信!

  • 2017.01.11 Wednesday
  • 16:21

ついに配信された創世のクレイドル!

本記事を投稿したころにはver1.04になっていました。

 

追記 肝心のダウンロードURL貼り忘れていました。すみません

   "こちら"でダウンロードできます(現在ver1.06)。

  

 

 

 

創世のクレイドルは、別世界から味方を召喚し、

ステージに存在する拠点を、発展しきるまでの間

魔物たちの手から防衛するというRTS系のゲームに

なっています(完成時のプレイ内容から、ジャンルの表記が

タワーディフェンスから変更されました)。

 

ゲームの流れ

ステージの流れは「発展フェーズ↔防衛フェーズ」の繰り返し

 

 メニューでステージセレクトすると、スタート地点のエリア(作中では

セル)に移動、同時に拠点が出現します。ここをめがけ、魔物たちが決まった

ルートを通りますので、そこに味方を召喚して配置します(召喚は

両フェーズ中で可能)。準備ができたら開始を選択し防衛フェーズに移ります。

 防衛フェーズでのプレイヤーは状況に応じて味方を動かす、スキルを使用

するなどしてうまく立ち回り拠点を防衛します。

 

配置した味方は自動で通常攻撃をしてくれる

 

 召喚された味方は3ターンまでステージに残り、それを過ぎると

離脱します。召喚にはコストがかかり、再召喚はコスト消耗が

大きくなります。コストが足りなくなると召喚ができなくなるので

考えて選ぶ必要があります。

 

守った拠点は発展により規模を拡大していく

 

 戦闘を終えると拠点が発展。ある程度発展すると隣のセルにも

拠点ができます。この調子で全セルを拠点で埋め尽くせば

ステージクリアになります。

 もし守り切れず拠点を落とされても、スタート地点以外なら

戦闘終了時に復興されます。逆にスタート地点の拠点が落とされて

しまうと他が無事でもゲームオーバーになってしまうので注意です。

 

ステージの状況次第で獲得スコアが決まる

 

 ステージの拠点発展度、召喚コストの残量、そしてクリアまでにかかった

ターン数によりスコアが決まります。スコア自体はゲーム本編には影響しませんが

より高いスコアを目指すためにはステージにあったキャラ、そして召喚コストの

消耗を抑えるように立ち回るなど極めるとかなり考えさせられるゲーム内容と

なっています。

 

 

 さて、本作はコラボ企画ということで40作品以上ものキャラが

他作品から参戦。キャラ毎に異なる性能、スキルを所持、その上

ステージで待機時や敵攻撃時にセリフを発する等キャラ数や

中身ともに非常に濃いものとなっています。

RPGからSTG、中にはパズルやレースゲーからも参戦されているキャラも

 

 ステージクリア毎に入手できるハートを消費することで

召喚キャラ数を増やすことが可能です(オリキャラはステージが

進むごとに自動で解放されます)。

 召喚できるキャラは各編成ごとに最大10人まで設定できます。

どのキャラも異なる性能をしているので、攻略特化パーティーで

効率よく進めたり、自分好みのパーティーで押し切ったりすること

だってできます。

 

キャラ説明の他に登場作品や作者名まで載っている図鑑も完備!

 

 本作のシナリオは、現代に住む主人公が「天使ナターリエ」に異世界へ

召喚され、自身も天使と同じ召喚術を使えることから半ば強引に戦いの

采配を握らされる・・・というもので、全体的に明るめな内容です。

各ステージ前後にストーリーが挿入される他、オリキャラ同士の雑談も

別メニューから何時でも見られます。

 世界を救う立場でありながら、傍若無人で何かと主人公に暴力を

加える天使の言動がプレイしていて一番印象に残りました。

 

 キャラボリュームもさることながら、ゲーム部分も極めがあり、プレイ

していて楽しいお祭りゲーとなっていますので是非プレイしてみて下さい!

 

ちなみに私もコラボに応募しており、自作品「牧羊犬最強決定戦OUJA」の

カタリナ・ルールーが参戦されています。手数で押し切るキャラ性能と

なっていますのでそれに興味を持たれた方は使用してみて下さい。

最近ハマったアーケード「museca1+1/2」

  • 2017.01.04 Wednesday
  • 00:14

どっぷりハマっています

 

©2016 Konami Amusement

公式サイトhttps://p.eagate.573.jp/game/museca/msc_1half/top/index.html#marker

 

本ゲームはビートマニア系列の音ゲーで、その中の本作は

五つの円盤(スピナー)とフットペダルを使用します。

内容は他とそれほど変わりませんが、スピナーを叩いて

回したり、フットペダルを踏んだりする等多彩な操作を

要求されます。

 本作は以下二つのモードから選択します。

 

ヽ擽覆鯀んで遊ぶ

 

▲ャライラスト(グラフィカ)を集める

 

,和召汎韻犬世隼廚Δ里脳蔑(たぶん・・・何分音ゲーは

これが初めてなのです)。

 

△亘楮遒隆里箸覆襯癲璽鼻F睛討漏謄哀薀侫カに設定された

課題曲をこなし、クリアしてグラフィカを獲得するものです。

 獲得したグラフィカにはレベルが設けられていて、それが

上昇するごとにキャラ説明がより詳しく書き加えられたり

スキルを覚えて課題曲の攻略を支援(中には不利にさせるものも)

するようになったりします。中にはボイス付きもあったりと

個性豊かなグラフィカが勢揃いしていて非常に集め応えある

内容となっています。

 更に獲得したグラフィカは,離癲璽匹任盪藩儔椎修任后

好きなキャラクターを相棒に見立てて一緒にプレイできる

という、キャラ好きには嬉しい仕様になっています。

 

 個人的に気に入ったキャラ

童鈴

黒い中華服を身にまとったキョンシー。数ある

グラフィカの中でも一番好きなキャラクター。

ボイスがないのが唯一の欠点…。


 

ベリル

洞窟の鉱石を守る半獣娘。

ロリな可愛さがドストライク。

こちらも声無し・・・。


 

ロクミ

天然でミステリアスな性格カエルっ子。

ポップでキュートな絵柄に特徴的な

ボイスで好きになったキャラクターです。
 

メリー・ラ・テラス

八百万の神で、人間の感情に興味を持ち

人間界に降り立った。

古風なしゃべり方のロリババアボイスが

可愛くて好きです

 

 

 

 

 

 

これ以外にも、メスケモや美男子、はてはむきパラなる筋肉系アイドル

グループもあったりと豊富なキャラ数を誇ります。音ゲーに興味があり、

なおかつキャラ集めや育成に興味がある方にオススメなので機会が

あればプレイしてみて下さい!

2017年最初の記事!(他作品コラボと自作品の制作状況)

  • 2017.01.01 Sunday
  • 22:02

2日遅れですがあけましておめでとうございます。

2017年になった今年は、今まで以上に

ゲーム制作などを頑張っていきたいと

思っております。

 

唐突ですがあるゲームのコラボで自作品の

キャラクターを出すことになりました。

 

 創生のクレイドルはタワーディフェンス系の

ゲームで、私以外にも沢山の方がコラボに参加

しています。それぞれジャンルはRPGからSTG

果てはパズルやレース等非戦闘作品からのキャラも

混ざり、その上各キャラ状況に応じたセリフを発する、と

キャラ周りがスマブラ並みと言えるほどのボリューム!

 ゲームでは各キャラに参加作品が表示されるところが

あるので、気になるキャラがいたらそのゲームをプレイ

してみるのもありです。

 

 私は去年のコンテストで出した、牧羊犬レースゲーム

「OUJA」からカタリナ・ルールーを応募しました。

キャラのセリフや性能はこちらで大体頼みましたが

最終的な内容は完成してのお楽しみ。どんなふうに

動くのか楽しみにしています!

 

自作品の制作ですが、以前書いたSTGは

諸事情あって保留。ツイッターで呟いた

DS+自作品のリメイクもそのまま移しても…

と気が乗らずストップ。どの理由も初心者が

クオリティ高めの作品を作ろうとして頓挫した

ものばかり。我ながら情けない有様…。

 面白いものを作ろうと意識するのは良いのかも

しれませんが、完成して形にできないのは溜まった

アイデアが勿体ないのでなんとか完成を目指したい!

 

では、読者の皆様よいお年を〜!

ツクールフェス作品プレイ感想2

  • 2016.12.05 Monday
  • 22:03

引き続き感想の方を記述していきます。紹介作品数が少なくなって

いますがそこは勘弁!

 

右に進むよどこまでも
ツクールDSにあった作品の続編。横スクロールアクションで、
ジャンプ方向を変える床、時間停止道具を用いて通り抜ける
ギミックはもちろん、ツヨクナリ草やカクシテ草による能力強化等の
やり込み要素もありやり応え抜群です。一度止まらなければ
ならないのでジャンプがシビアに感じますがおすすめです。
 
ドラゴンマスター
ドラゴンを30日間の特訓で書く能力を鍛え、大会(通常戦闘)で3回勝ち抜き
優勝を目指すゲーム。特訓を選ぶたびにドラゴンが動き回ったり、イベント
グラフィックを用いたUIがパワポケっぽくていいなと思いました。
また大会が3回もあり、中々ボリューム溢れるのも高ポイント!
 
家庭用トイレのハナコさん
ワケアリ物件に住むトイレのハナコさんと、そこに引っ越したタロウとの
生活が描かれる。ストーリーを追うだけの内容ですが、それが良くできて
おり、各キャラクターもしっかりしていて面白かったです。おすすめ!
 
食い逃げカルビ
ツクール仲間のモンブランさんがプレイしていたゲーム。取った行動により
エンディングが変わる一発ネタ系の内容。斜め上なエンディングもあり
印象に残る作品でした。
 
ババリバと馬
ツクール仲間ざぶとん作のゲーム。暴れ馬にやられて全治1000年を
宣告されたおじさんが、様々な行動で早期退院を目指すシュミレーション。
殴りにかかる僧侶や、重体の身でリハビリがてら魔物退治する等
ざぶとん作品特有のぶっ飛んだキャラ表現はさすがの一言。
ドラゴンマスターと似た内容ですが、こちらは逆に各行動をテキストで
表現しており、先にドラマスをプレイしていたのでちょっと寂しい感じ。
体力もあるので暴れ馬と対決したかったかなとも思いました。
 
 
 
以上。ざぶとんさんの作品に対してコメントが辛辣すぎたかな・・長編も
気にはなるものの、こちらも忙しいのであまり余裕がないですが
自作品の制作のためにパ・・・参考させてもらうためにちょくちょくと
プレイさせていただきたいと思います!

ツクールフェス作品プレイ感想

  • 2016.12.02 Friday
  • 00:51

ツクールフェスプレイヤーでDLしたソフトをちょこちょこ

プレイしていました。以下、感想です。

 

・アリシア戦記

 謎解きギミックが豊富なサンプルゲーム。後半は戦闘がありますが

エンカウント率が高すぎる。ストーリーはざっくりいうと

長編RPGの最後部分をプレイした感じでした。

 

・なんちゃってアクション

 こちらも公式のサンプルゲーム。箱の上を進む横スクロール型アクションで、

ジャンプして敵や高台を飛び越える、各ステージの宝箱を集める等

2面のみながらアクションの基本的な部分ができているなと思う内容でした。

 また前作(DS+)と似たような作り方だったら1マス1マスにジャンプイベントを敷き詰めたり

して大変そうだなと製作者の苦労を感じました。

 

・リトルヒーローズ

 二人の少年少女が、ぎっくり腰で倒れたおばあさんの為に治療法を探すという内容で

単純なストーリーながらまとまった内容。後半の展開は少し予想外で驚きました。

戦闘バランスも丁度良く、プレイしていてストレスを感じさせない出来になっています。

 個人的に物語の進行具合に応じて町の人のセリフが変わっている所が好きです。

 

・オルタードアークス

 ギミックアクションの名のとおり、舞台となる塔に仕掛けられたギミックが

豊富で、探索していて楽しかったです。特に時間停止の仕掛けやラスボス戦の遠距離

攻撃が気に入りました。ストーリーですが詳しくは書けないものの、感情と願いを

主軸にした内容が印象的でした。ちょっと設定が複雑でわかりにくいところが

あるのが個人的に惜しい点。

 

・ちょっと冒険に

 現在精力的にツクールDS関連の動画を投稿されているtoteさんの制作ゲーム。

固定戦闘、一本道の短編ですがキャラが個性的で、予想だにしないパーティーを

組めるのが特徴。いきなり魔王と戦闘して仲間にするのは笑えましたw

 

・渋谷勇気の激昂

 以前お世話になった深海くらげさんの制作作品。非戦闘の短編学園物で、

主人公が楽しみにしていたツクールフェスの制作の難しさに一喜一憂する

という、製作者の気苦労があふれる作品となっています。前作、前々作の

ツクラーにおすすめ!

 学園物素材を見てDS+の制作時代が蘇り、懐かしく感じました。

 

まだまだ投稿されるし、余裕もないので沢山は出来ませんが、ツクール仲間の

作品は積極的にプレイしていきたいなと思っています。ウディタリアンな私でも

結構参考になるギミックとかある(オルタードアークス等)ので、3dsお持ちの方は

是非参考がてらプレイしてみるのもいいですよ。

 

 

 

それとウディタでの次回作ですが、現在予定のガンシューティングは

コンセプトで悩んでおり、大体の仕様はまとまっていますがこれで

面白くなるのかと不安で停滞中。最近コラボキャラも出した関係で

OUJAの続編でも作ろうかなと考え始める始末。何かしら作品は

完成させたいと考えているけどなぁ・・・。

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

 アクセス解析中・・・    (非表示)

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ツクールフェス作品「ゲンキ・ツクール」〜ギャグシナリオながら手堅いバランスのRPG!〜
    創造神司 (05/16)
  • ツクールフェス作品「ゲンキ・ツクール」〜ギャグシナリオながら手堅いバランスのRPG!〜
    ざぶとん (05/12)
  • 2017年最初の記事!(他作品コラボと自作品の制作状況)
    創造神司 (01/03)
  • 2017年最初の記事!(他作品コラボと自作品の制作状況)
    seima (01/03)
  • 2017年最初の記事!(他作品コラボと自作品の制作状況)
    yumi (01/03)
  • ツクールフェス作品プレイ感想2
    創造神司 (12/09)
  • ツクールフェス作品プレイ感想2
    seima (12/08)
  • ツクールフェス作品プレイ感想2
    ざぶとん (12/05)
  • 第8回ウディコン閉幕
    創造神司 (10/01)
  • 第8回ウディコン閉幕
    もなみ (09/28)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM