ツクールフェス作品「ゲンキ・ツクール」〜ギャグシナリオながら手堅いバランスのRPG!〜

  • 2017.05.11 Thursday
  • 23:35

以前から高クオリティの長編RPGを生み出し続けている「ざぶとん」。その作者が

ツクールフェスで初となる、本格長編RPGを投稿しました!

 

その名も・・・

 

 

ゲンキ・ツクール

 

 

前々からやってみたかった作品をプレイし、クリアしたので感想の方を書きたいと

思います!(感想が纏まらなかったので申し訳ないですが箇条書きします・・・)

 

良かった点

 

・元気の押し売り主人公「モリモリ」を筆頭に、非常に個性的なキャラが勢揃い。

 個人的にはパワー全振りの「パエパエード」と、貴重なまとも枠の妹キャラで

 魔法攻撃が使いやすい「ネム」が好みです 。

 

・戦闘バランスが整っており、普通に進めば最初から最後まで適度な歯ごたえのある

 戦闘を楽しめる。また攻撃・回復・補助の特技がある程度そろっているキャラが多く

 戦いやすいのもgood!

 

・ギャグチックな掛け合い、豊富なパロネタと笑える要素が豊富ながら、シリアスな

 ところはきっちり締める。と、コメディとシリアスの配分が絶妙なストーリー構成。

 

・これまでのざぶとん作品からのキャラもゲスト出演しており、懐かしい気分に

 浸ることができました。

 

気になった点

・以前の作品にはあった、仲間ごとのサブイベントが無いのでこれまでよりも

 比較的キャラに感情移入しにくい。魅力的な仲間キャラが多いので

 掘り下げられるようなイベントがあればいいなと思いました。

 

・フィールド移動がしづらく、直感的な操作ができないのが難点。力が

 入っていて悪いですが普通の移動方法で良かったかもしれません。

 

 

総評

 とても丁寧に作られたゲームで、ギャグやパロネタに抵抗が無ければ

おすすめできる名作RPGです。

 気になったら、ツクールフェスプレイヤー(無料)をダウンロードすれば、

ソフトを買わなくてもプレイが可能です。ぜひ本作をプレイして

ゲンキモリモリになりましょう!

3DSでイラスト練習

  • 2017.04.09 Sunday
  • 20:21

多忙の末に、ブログに広告が貼られてしまった・・・

 

 

ペンタブみたいにデジ絵練習できないかと思い

3dsでイラスト練習しています。それで描いた

イラストの一部がこちら!

 

ゲームボーイのデビチル白の書に登場する

インプのハーミル。ギャルっぽさと無垢な神秘さを

両立させたようなデザインから一番好きなデビルです。

 

こちらは神風侍の主人公「風雲児嵐太郎」。再臨の時よりも

頬が心なしかふくよかになったかな?着物の模様はブルース・リーの

トラックスーツを参考にしました。

 

もっともっと描いて上手くならないと・・・!

ブリージング・サーガ感想〜圧倒的サクサクRPG!!〜

  • 2017.02.10 Friday
  • 18:58

ダウンロードはふりーむでできます。

 

 

本作は昔懐かしのFCチックな短編RPG。ただ難易度は非常にライトで、サクサク進みます。

 

 ストーリーは天使の少年が、父親の魂が宿った聖剣を手に大陸ブリーディアの魔王を倒しに行く

というシンプルな内容ですが、導入から魔王城突入までの道のりは決まっていないので最初の

目的地であるお城を無視してダンジョン探索したり、ひたすら魔物退治に明け暮れたり、条件

満たしてそのまま魔王城へ向かう等非常に自由度の高い進行ができます。

 また途中で仲間にできる3キャラも個性派揃い。各地に存在するサブイベントで

その個性を堪能できます。個人的にはドワーフの娘「トロネ」が気に入っています。

キャラ毎のイベントのみならず、「ドワーフ」に、もぐらのような種族の「モグリュー族」や

「エルフ」が登場し、ドット絵ながらファンタジーな世界観を十分に演出していました。

 

 戦闘はサイドビューのカウントタイムバトル。操作できるのは主人公だけなので半ばオートバトル

のような感じです。技は各地の宝箱で入手し装備するのですが、MP消費がない(そもそもMPという概念

すらない)ので好きな時にバンバン撃てます。

 さらに本作はシンボルエンカウントですが格下の相手は吹っ飛ばすことが可能(経験値も入る!)。

キャラが倒れても戦闘終了直後に復活し経験値がそのまま入手、全滅してもペナルティ無しでその場で

復活。HPも戦闘終了後に回復等プレイヤーに嬉しい仕様。

 

 ただ適当に進めてもサクサク進み、MP消耗もない上戦闘が怒涛の勢いで進むので、回復

掛けてもすぐ数値が減り、補助効果もあっという間に消滅するので、色々できるけど

プレイヤーの手による影響が少なく感じ没入しにくい。

 それと主人公の持つ聖剣は敵の行動ゲージを減少させる効果がありますが、それほど

強力ではないので、実際に戦術として組み込むには速度を上げる装備をしないと

実感できない点が気になりました(ただ作中やreedmeには書かれていないのでもしか

すると隠し要素に留めたのかもPVで遅延効果があると宣伝していたので隠しではありません。

勘違いのコメントすみません…)。以上から戦闘に関しては個人的には肌の合いませんでした。

 

 とはいえスピーディで低難易度なので気軽に楽しめるRPGとなっています。

レトロ好きだけどハードなのは苦手・・・という方におすすめです!

 

新作ミニゲーム「ひつじたちの ばんか」

  • 2017.01.28 Saturday
  • 19:48

DLはこちらhttps://www.dropbox.com/s/pacq9htfwfzm61z/hituji_ban.zip?dl=0

 

 

タイトルからは分かりにくいですが、狼を操り

牧場内の羊を食べてスコアを稼ぐゲームになっています。

牧場を守る番犬を避けるアクション要素や、脱出する事で

より得点が加算されるなどの駆け引き要素もあります。

時間無制限ですが、手軽に楽しめるような内容にしたので

よろしければプレイしてみてください。

創世のクレイドル、配信!

  • 2017.01.11 Wednesday
  • 16:21

ついに配信された創世のクレイドル!

本記事を投稿したころにはver1.04になっていました。

 

追記 肝心のダウンロードURL貼り忘れていました。すみません

   "こちら"でダウンロードできます(現在ver1.06)。

  

 

 

 

創世のクレイドルは、別世界から味方を召喚し、

ステージに存在する拠点を、発展しきるまでの間

魔物たちの手から防衛するというRTS系のゲームに

なっています(完成時のプレイ内容から、ジャンルの表記が

タワーディフェンスから変更されました)。

 

ゲームの流れ

ステージの流れは「発展フェーズ↔防衛フェーズ」の繰り返し

 

 メニューでステージセレクトすると、スタート地点のエリア(作中では

セル)に移動、同時に拠点が出現します。ここをめがけ、魔物たちが決まった

ルートを通りますので、そこに味方を召喚して配置します(召喚は

両フェーズ中で可能)。準備ができたら開始を選択し防衛フェーズに移ります。

 防衛フェーズでのプレイヤーは状況に応じて味方を動かす、スキルを使用

するなどしてうまく立ち回り拠点を防衛します。

 

配置した味方は自動で通常攻撃をしてくれる

 

 召喚された味方は3ターンまでステージに残り、それを過ぎると

離脱します。召喚にはコストがかかり、再召喚はコスト消耗が

大きくなります。コストが足りなくなると召喚ができなくなるので

考えて選ぶ必要があります。

 

守った拠点は発展により規模を拡大していく

 

 戦闘を終えると拠点が発展。ある程度発展すると隣のセルにも

拠点ができます。この調子で全セルを拠点で埋め尽くせば

ステージクリアになります。

 もし守り切れず拠点を落とされても、スタート地点以外なら

戦闘終了時に復興されます。逆にスタート地点の拠点が落とされて

しまうと他が無事でもゲームオーバーになってしまうので注意です。

 

ステージの状況次第で獲得スコアが決まる

 

 ステージの拠点発展度、召喚コストの残量、そしてクリアまでにかかった

ターン数によりスコアが決まります。スコア自体はゲーム本編には影響しませんが

より高いスコアを目指すためにはステージにあったキャラ、そして召喚コストの

消耗を抑えるように立ち回るなど極めるとかなり考えさせられるゲーム内容と

なっています。

 

 

 さて、本作はコラボ企画ということで40作品以上ものキャラが

他作品から参戦。キャラ毎に異なる性能、スキルを所持、その上

ステージで待機時や敵攻撃時にセリフを発する等キャラ数や

中身ともに非常に濃いものとなっています。

RPGからSTG、中にはパズルやレースゲーからも参戦されているキャラも

 

 ステージクリア毎に入手できるハートを消費することで

召喚キャラ数を増やすことが可能です(オリキャラはステージが

進むごとに自動で解放されます)。

 召喚できるキャラは各編成ごとに最大10人まで設定できます。

どのキャラも異なる性能をしているので、攻略特化パーティーで

効率よく進めたり、自分好みのパーティーで押し切ったりすること

だってできます。

 

キャラ説明の他に登場作品や作者名まで載っている図鑑も完備!

 

 本作のシナリオは、現代に住む主人公が「天使ナターリエ」に異世界へ

召喚され、自身も天使と同じ召喚術を使えることから半ば強引に戦いの

采配を握らされる・・・というもので、全体的に明るめな内容です。

各ステージ前後にストーリーが挿入される他、オリキャラ同士の雑談も

別メニューから何時でも見られます。

 世界を救う立場でありながら、傍若無人で何かと主人公に暴力を

加える天使の言動がプレイしていて一番印象に残りました。

 

 キャラボリュームもさることながら、ゲーム部分も極めがあり、プレイ

していて楽しいお祭りゲーとなっていますので是非プレイしてみて下さい!

 

ちなみに私もコラボに応募しており、自作品「牧羊犬最強決定戦OUJA」の

カタリナ・ルールーが参戦されています。手数で押し切るキャラ性能と

なっていますのでそれに興味を持たれた方は使用してみて下さい。

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

 アクセス解析中・・・    (非表示)

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 新作「LOVE_SHOOTERラピィ」〜1.01ver更新(8/11)
    創造神司 (08/07)
  • 新作「LOVE_SHOOTERラピィ」〜1.01ver更新(8/11)
    yumi (08/06)
  • 天使と悪魔のゲームセレクト
    創造神司 (07/23)
  • 天使と悪魔のゲームセレクト
    seima (07/18)
  • ツクールフェス作品「ゲンキ・ツクール」〜ギャグシナリオながら手堅いバランスのRPG!〜
    創造神司 (05/16)
  • ツクールフェス作品「ゲンキ・ツクール」〜ギャグシナリオながら手堅いバランスのRPG!〜
    ざぶとん (05/12)
  • 2017年最初の記事!(他作品コラボと自作品の制作状況)
    創造神司 (01/03)
  • 2017年最初の記事!(他作品コラボと自作品の制作状況)
    seima (01/03)
  • 2017年最初の記事!(他作品コラボと自作品の制作状況)
    yumi (01/03)
  • ツクールフェス作品プレイ感想2
    創造神司 (12/09)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM