没ゲー立ち絵語り「アイドルシューティングその5」

  • 2018.08.22 Wednesday
  • 07:42

5回目に入った立ち絵語り。続いては主人公天音の幼馴染「彩雨あき」!!

 

 

左上から順に喜・悲・怒・驚の表情。

 

天音日光綺とは学生時代からの付き合いで、日光綺と同プロダクションのアイドルに

なった今でも付き合いを絶やしていない。明るく元気な性格で、何かと抱えがちな

日光綺にとっては救いとも言える存在。意外と人の感情に敏感に読み取って気を配る

事があり、相手がよほど落ち込んでいる場合は優しく励まし、時には抱きしめてあげる

など包容力のある対応をする。

 

 そんな彼女だが、その心情は一転して非常に余裕に無さを感じさせるものとなっている。

学生時代では日光綺と共にアイドルを目指していたが、何かと日光綺が注目される一方で

自身の方はあまりといったところだった。しかしそれでも頑張ろうと彼女は必死に

トレーニングを行っていた。だがプロデビューしてもその差は縮まらず、むしろ

より注目されて一気に芸能界での露出を増やした日光綺と更に開けられる一方だった。

ファンを中々増やせないことでアイドル活動に対してよりストイック且つクローズドな

態度になる一方で実力不足を実感させる元凶の日光綺が変わらず幼馴染として

接してくることで、自身の余裕のなさやから来る苛立ちを生じていくもそれを

悟られまいと彩雨は明るい笑顔で誤魔化していた。

 

 心身ともに追い詰められた彼女は、開き直って周りのせいに、何か粗があれば

それをこき下ろして自身を正当化させることで一時余裕を持つことができたが

今度は目指していた理想のアイドル像に比べて自身の精神が歪んでいることに

コンプレックスを持つようになってしまった。

 

本編では日光綺だけでなくその弟とも知り合いで、直近の事故により落ち込み

がちな二人を励ますムードメーカーみたいな存在として活躍します。

ストーリー後半では更なる活躍を行いますが・・・・・。

 

 本キャラはここまでで終わり。後の展開も考えていますが実は別解を

思いついてしまって、本作の制作を諦めきれていないんです。

まだ固まっていないので語れませんが、もしもの再開に備えて伏せて

起きます。

 

次回は天音の弟君を書こうと思います。

コメント
ブログのコメおひさです。
やっぱり、彩雨が一番可愛いですね。(まさに、自画自賛)
絵の満足度も、上手く描けていないと思っているキャラがいるけど、彩雨に関しては問題無しです。
前にノベルゲームに活用しようと考えてた時があったけど、自分では違う物になってしまうし、文章力が心配だしストーリーが思い付かない…。今後の展開に期待しています。
  • yumi
  • 2018/10/15 5:03 PM
返事が遅れた、お久しぶりですyumiさん!
女性陣の中では最後の方に描かれ、手慣れたのも
あってかイメージ以上の出来になっていて
可愛いです!特に顔の描き方は文句なし!

ノベルゲームは本作のキャラでやるのは
難易度が高いですね。みんな暗いし癖が強い。
およそアイドルものに登場するとは思えない
性格ばかりですから(作品のテーマとして
アイドル復活、それを基にどろどろな人格に
しようというのが重なってしまった
のもありますが・・・)。

こちらこそ、yumiさんのゲーム制作の方を
応援しています!
  • 創造神司
  • 2018/10/17 11:32 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

 アクセス解析中・・・    (非表示)

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM