没ゲー立ち絵語り「アイドルシューティングその4」

  • 2018.08.13 Monday
  • 01:06

さてどんどん書いていきますよ!続いては、主人公憧れのアイドル。

「夏美環奈(なつみかんな)」です。

 

 

 

左上から順に喜・悲・怒・驚の表情。意外とラフでスマートな

恰好ですが、いざ着飾るとすごいんです。表情の変化が控えめなのもあり

大人っぽい雰囲気があります。

 

 

主人公の天音がアイドルを目指し始めていく内に知り、バラエティ・アナウンサー

俳優と仕事を問わない活躍っぷりからファンからも業界からも人気が高い。

近年は動画サイトの投稿で更にファンを増やし、八面六臂の如く活躍を

見せていた。

 彼女自身はサバサバして気取らない性格で、普段ボーイッシュなファッションを

愛着していることもあり男性的な印象を受けやすい。その一方でファッションの

着こなし術を理解仕切っており、男装もなんのその、普段着ないガーリーファッションも

自分のものにする。雑誌からも引っ張りだこで常にファッションの最先端に

立っている。

 

 

 万能ともいえる彼女だったが、本人の忙しさや、所属事務所の低迷も重なり

人気は落ちないものの金のかかるライブステージをやる頻度が次第に減り続け

やがて十分な稼ぎを得られることからライブ活動を0にされた。

ファンからもライブをしないアイドルとしてネタにされているものの、それでも

彼女のライブを望むものは多い。本人もステージを行いたいと考えてはいたが

暫くライブをしないことで本人も強い不安を抱くようになってしまい、やがて

それが痙攣や激しい動悸として表出るようになってからは彼女もステージに

立つことを考えなくなった。

 

 ストーリー本編では天音と、前記事で語った宝城院さくらとのいざこざが終わった後で

出会い、以後天音は夏美がライブ活動できるようプライベートでの付き合いを増やし

自らのステージを見せたりして元気づけようとします。

 そして久々のソロライブに夏美はかつての自信満々な気持ちで臨みます。

ですが最後の踊りで倒れるというミスを犯し、立ち上がろうにも極度の緊張感に

襲われそのまま失神。楽屋で目を覚まし、天音は元気づけるもののファンが待ちわびた

ステージを心の弱さで失敗したことに酷いショックを受けます。夏美は弱弱しく

天音に「ありがとう」と言うとそのまま出て行ってしまい、以後消息がつかめなく

なってしまった。

 と非常に欝な展開になってしまうのですが、しばらくして天音が偶然見つけ

夏美に対する思いの丈をぶつけます。それがラストのあたりで実を結ぶという展開に

なっています。

 

以上。次は天音の幼馴染であるアイドルを書こうと思います。

スポンサーサイト

  • 2019.01.01 Tuesday
  • 01:06
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

     アクセス解析中・・・    (非表示)

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM